コーヒーを飲む時に覚えておくべき作法とは?

珈琲情報館

コーヒーを飲む時に覚えておくべき作法とは?

コーヒーを飲む時に覚えておくべき作法とは? 訪問先で、コーヒーを出されることも多いでしょう。
飲む時の作法について、知っておくと便利なこともあります。
ミルクや、砂糖を入れた時は、スプーンは、カップの向こう側に置きましょう。
出されるときは、手前にあったスプーンを、奥に置くことがコーヒーを飲む時のマナーです。
カップの取っ手は、出されたときは、逆向きにあるのが一般的です。
右利きの人なら、右手でコーヒーカップを持つので、左手に取っ手があったら、一回向きを変えて、右側に取っ手を持ってきてから、飲むようにしましょう。
相手方に回すのはマナーに欠けるので、反時計回り、自分の方に取っ手をむけて、方向を変えるように注意します。
相手を妨げるという意味になるので、相手側にカップを回すのは避けるようにします。
使用したスプーンは、ソーサーに置くのがマナーです。
テーブルクロスに置いて、汚さないようにするのは作用で大切です。
クリームやミルクを入れた時も、静かに混ぜるようにしましょう。

家庭で美味しいコーヒーを淹れるポイント!

家庭で美味しいコーヒーを淹れるポイント! ブレイクタイムや食後に1杯のコーヒー。
美味しいですよね。
カフェで飲むような本格的なコーヒーを、家庭で手軽に淹れられたら、と思いませんか。
家庭で美味しいコーヒーを淹れるには、どうしたらいいでしょうか。
豆を焙煎して挽くところからはじめられればいいのですが、なかなかそこまではできないという場合は、粉状のレギュラーコーヒーでも十分美味しく味わえます。
ペーパードリップには、注ぎ口の細いポットがおすすめです。
お湯を沸かし、ドリッパーやカップもあたためておきましょう。
ドリッパーにセットしたペーパーフィルターに粉を入れ、お湯を注ぎます。
お湯の温度は沸騰手前がおすすめです。
粉の目安は1人前で15g、2人前で20gと人数に合わせて5gずつ増やしていきます。
お湯は、まず中心に注ぎ、30秒ほど蒸らします。
その後、「の」の字を書くように外側に向かって細くお湯を注ぎ、外側まで行ったところで中心に戻るように注ぎます。
人数分の抽出が終了したら、フィルターを外して下さい。
表面の泡が最後まで抽出しきらないうちに外すのがコツです。
豆の種類は様々です。
粉の量やお湯の温度によっても味が変わります。
お好みの味を見つけてみて下さいね。