コーヒーを美味しく飲もう!

珈琲情報館

日本人が好きなコーヒー豆の種類とは

日本人が好きなコーヒー豆の種類とは 日本人が好きなコーヒー豆の種類はブレンドかアメリカンになります。酸味が強いマンデリンやエチオピアなどの豆よりも深みとコクがあるコロンビアのほうが人気があり、ミルクとの相性もよいので飲みやすいのが特徴です。
コロンビアは濃すぎず、薄すぎないところも人気で、オリジナルブレンドには良くメインとして用いられています。
キリマンジャロやブルーマウンテンはさっぱりしているのに香りが良く、後味に深いコクを感じます。好みがわかれるところですが、コーヒー好きにとってはスペシャルな1杯となってくれます。
グアテマラやモカも飲みやすく、生クリームとの相性が良いのでラテにして飲むのがおすすめです。
コスタリカは栽培地の標高の高さで品質が高くなるという希少性の高い豆で、バランスが良く上品な味わいです。
アイスコーヒーやエスプレッソにおすすめなのがジャワで、酸味が少なく味がマイルド、香りも楽しめるところが魅力です。
どれがいいのかわからないという時には酸味が少なく、すっきりとした味を選ぶのがおすすめです。

コーヒー好きの日本人の割合はどれぐらい?

コーヒー好きの日本人の割合はどれぐらい? コーヒーが好きな日本人の割合は全体の70%です。気分転換やリラックスをする時にコーヒーを飲むことが多く、またカフェインによる覚醒作用が眠気覚ましの代わりにしている人が多いです。
他にもスイーツの友として、コーヒーだけを単独で飲むことは滅多になく、菓子パンやスイーツの甘さを中和して相乗効果で両方おいしいという感じで飲む人もいます。朝の一杯を飲んだだけで胃腸が活動的に動くのがわかるようです。
コーヒーの種類はインスタントやペーパードリップを多く飲むようです。平日の朝は忙しくてインスタントを飲むが休日はゆっくりとできるのでペーパードリップでレギュラーの香りを楽しんでいる人がいます。ドリップ式やカフェチェーンのものも飲んでいる人がいます。
味や香りが堪能できるブラックが大人気です。本来の香りや苦みをじっくりと堪能できるからです。豆乳やウイスキーなどを入れてアレンジしたものを飲む人もいます。このように自分で楽しむことができます。