ドリップコーヒーを美味しく安定していれるコツ

珈琲情報館

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ ドリップ式で安定しておいしいコーヒーを淹れるにはコツがあります。
これをしっかり知っておくことが大切です。
まず最初のコツは入れる前にすべての器具を温めておくことです。
熱湯で湯煎して温めて使用します。
次はお湯の温度です。
沸騰後しばらくおいた90度前後のものを用意します。
豆をフィルターに入れて少し揺すって平らにしておきます。
豆がお湯で均一に蒸らされるようにするためです。
次にお湯を注ぐと時、フィルターの縁を濡らさないように注ぐことです。
コーヒーの成分をうまく抽出するためです。
注ぎ方は中心を狙って小さな円を描くように注ぎます。
この注ぎ方がコーヒーの成分を最適に抽出するコツです。
注ぐ時大切なのは蒸らしの時間を淹れることです。
最初少量のお湯を注ぎ最低30秒時間をおきます。
この蒸らしの時間がおいしさを際立たせる大切な時間です。
そして最後のコツはドリッパーから滴り落ちる最後の一滴を入れないことです。
最後の一滴にはコーヒーの雑味が含まれているからです。
この7つのコツを実行するといつでも安定しておいしく淹れることができます。

必見!知っておきたいコーヒー知識

必見!知っておきたいコーヒー知識 本格的においしいコーヒーを自宅で淹れて飲むためには、コーヒー豆をどこで購入するのが良いかをまず知識として知っておくべきです。
豆はあらゆるところで売っています。
スーパーやカフェ、コーヒー豆の専門店などがあります。
まず肝心なのは豆が新鮮なものかどうかです。
スーパーやディスカウントストアで売られているのには賞味期限が長いものがあります。
これらは新鮮なものとは言えません。
カフェや専門店で購入したものが新鮮です。
またこのようなお店でもどうやって売られているかも問題です。
簡単な袋詰めになっているものは外気に触れている時間が長く、酸化して劣化していることもあります。
真空のパックに封入されているものを選ぶべきです。
そしてもう一つはお店で焙煎をしているかです。
カフェや専門店で売られていてビンやパックに封入されていてもいつ焙煎されたかわからないものは新鮮とはいえません。
煎ってからどのくらい時間がたっているかが肝心です。
購入後、お店の焙煎機で煎ってもらい真空状態に封入してくれるショップがおすすめです。